コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田園交響曲

5件 の用語解説(田園交響曲の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

田園交響曲

イギリスの作曲家レイフ・ヴォーン・ウィリアムズの交響曲第3番(1921, 55)。原題《A Pastoral Symphony》。第一次世界大戦の従軍時に耳にした調子はずれのラッパの音に着想を得て作曲された。印象主義音楽の強い影響が見られる

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

田園交響曲【でんえんこうきょうきょく】

ベートーベンの交響曲第6番ヘ長調。標題の田園(パストラーレPastorale)は作曲者自身がつけたもの。第5交響曲(運命)と並行して書き進められ,1808年ハイリゲンシュタットで完成。
→関連項目パストラル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

でんえんこうきょうきょく【田園交響曲】

ベートーベン作曲の交響曲。この《交響曲第6番ヘ長調》作品68は,《交響曲第5番》の〈運命〉という通称とは異なり,作曲者自身の命名により《パストラーレPastorale(田園)》と呼ばれている。ロマン派標題交響曲の先駆をなすこの作品は,その対概念である絶対交響曲の頂点をなす《運命》作品67とほぼ同時期に作曲されている。こうした点に彼の驚くべき才能をうかがうことができる。《田園》の作曲は1807年夏から翌年の6月ころまでの間で,ウィーン郊外ハイリゲンシュタットで完成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

でんえんこうきょうきょく【田園交響曲】

ベートーベン作曲の交響曲第六番へ長調。1808年完成。全五楽章は標題を伴い、ロマン派標題音楽の先駆とされるが、厳格な構成に基づく。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田園交響曲
でんえんこうきょうきょく

ベートーベン作曲、交響曲第六番ヘ長調「田園」(作品68)のこと。田園Pastoraleという副題は作曲者自身がつけたもので、五楽章のそれぞれにも「第二楽章・小川のほとりの情景」といった標題がつけられている。この作品は、単なる自然描写にとどまらず、ベートーベンの愛したウィーン郊外ハイリゲンシュタットの田園の印象に基づく人間感情の表出が追求されており、後のベルリオーズをはじめとするロマン派の標題音楽の先駆をなすものと考えられている。[柴田典子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の田園交響曲の言及

【交響曲】より

…管弦楽で演奏される多楽章形式の大規模な器楽曲。管弦楽のためのソナタであるが,ソロやアンサンブルのソナタよりもいっそう堅固な構成力と大曲としての風格が要求される。1800年前後,典型的な楽章構成はベートーベンにみられる。すなわち,2管編成(管楽器各2,ティンパニ,弦5部。総勢20名以上,概して50名前後)で,急・緩・舞曲・急という4楽章構成をとる。第1楽章はソナタ形式,第2楽章は2部ないし3部形式,変奏形式,ソナタ形式,第3楽章はメヌエットまたはスケルツォ,3部形式,第4楽章はロンド形式またはソナタ形式,さらに両者の混合形式である。…

【ベートーベン】より

…ベートーベン唯一のオペラ《フィデリオ》作品72第1稿(1805)初演(1805年11月20日)の失敗もその時期が有力貴族不在のフランス軍占領下という最悪条件にあったことも考慮しなければならないだろう。しかし,不安定な社会情勢下にあっても1806‐08年は〈傑作の森〉と呼ばれる創作の絶頂期にあたり,《交響曲第4番》作品60(1806),《第5番・運命》,《第6番・パストラーレ》(《田園交響曲》)作品68(1808),《ピアノ協奏曲第4番》作品58(1806),《バイオリン協奏曲》作品61(1806),《コリオラン序曲》作品62(1807)などの大管弦楽曲が次々に生み出されている。 1809年に《ピアノ協奏曲第5番・皇帝(エンペラー)》作品73を作曲して後期様式時代に入っていく。…

※「田園交響曲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田園交響曲の関連キーワード未完成交響曲驚愕交響曲交響楽悲劇的悲愴広がり海の交響曲古典交響曲ザロモン交響曲千人の交響曲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田園交響曲の関連情報