コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京菜 キョウナ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐な〔キヤウ‐〕【京菜】

アブラナ科の野菜。葉は根際から多数出て、細く裂けている。春、黄色の花が咲く。ふつう夏に種子をまき、冬から初春にかけて収穫。葉を漬物や煮物にする。古くから京都地方で栽培され、関西ではミズナとよぶ。ミブナはこの一品種。千筋菜(せんすじな)。 春》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

京菜

京都府、大阪府などで生産される葉物野菜、「水菜」の別称。京都原産であることから。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

きょうな【京菜】

ミズナの別名。 [季] 春。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

京菜の関連情報