コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広橋経光 ひろはし つねみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広橋経光 ひろはし-つねみつ

1212-1274 鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
建暦(けんりゃく)2年生まれ。広橋頼資(よりすけ)の子。仁治(にんじ)2年参議。のち権(ごんの)中納言,民部卿。正二位。近衛摂関家の執事をつとめた。和歌が「続後撰和歌集」などにはいる。文永11年4月15日死去。63歳。勘解由小路(かでのこうじ)と号した。日記に「民経記(経光卿記)」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の広橋経光の言及

【民経記】より

…民部卿権中納言広橋(勘解由小路)経光(1213‐74)の日記。別名《経光卿記》《中光記》ともいう。…

※「広橋経光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

広橋経光の関連キーワード藤原経光広橋兼仲建暦

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android