コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民経記 みんけいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

民経記
みんけいき

経光卿記』『中光記』ともいう。民部卿勘解由小路 (かでのこうじ) 経光 (1213~74) の日記。 46巻。嘉禄2 (1226) ~文永4 (67) 年の約 42年間の記録で,闕失部分はあるが,鎌倉時代中期の公家社会の行事が記されている重要史料。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

民経記【みんけいき】

鎌倉時代の公家である民部卿権中納言(みんぶきょうごんのちゅうなごん)広橋経光(つねみつ)の日記。《経光卿記》などともいう。書名は経光の官職と名前にちなむ。記事は1226年から1268年に及ぶが,途中に欠落部分がある。
→関連項目勘仲記

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みんけいき【民経記】

民部卿権中納言広橋(勘解由小路)経光(1213‐74)の日記。別名《経光卿記》《中光記》ともいう。自筆本46巻。1226年(嘉禄2)から68年(文永5)までの40余年間にわたる日記で,鎌倉中期の公家社会の動向を知る重要史料。柳原本,上野図書館本,歴代残闕日記本などの写本があるが,散逸した部分も少なくない。原本は東洋文庫に所蔵。【関 幸彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

民経記
みんけいき

勘解由小路経光(かでのこうじつねみつ)(1212―74)の日記。『経光卿記(つねみつきょうき)』『中光記(ちゅうこうき)』ともいう。経光は権中納言(ごんちゅうなごん)頼資の男で、蔵人(くろうど)、弁官(べんかん)を経て正二位権中納言に昇った。日記の現存する部分は1226年(嘉禄2)より69年(文永6)に至るが、中途に欠脱部分がある。五位蔵人として活動した若年期の部分が多く存しており、その仕事ぶりが詳しく記されている。『大日本古記録』所収。[石田祐一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

民経記の関連キーワード大日本古記録藤原経光寛喜新制紙背文書九条良平

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android