コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広瀬常 ひろせ つね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広瀬常 ひろせ-つね

1855-? 幕末-明治時代の女性。
安政2年生まれ。幕臣広瀬秀雄の娘。開拓使女学校にまなぶ。大久保一翁立会人,福沢諭吉を証人として,明治8年森有礼(ありのり)と夫婦対等の契約をかわして結婚した。19年合意のうえ婚姻契約を破棄して離婚。駿河(するが)(静岡県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

広瀬常

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:安政2(1855)
森有礼の「契約結婚」による最初の妻。静岡県の士族広瀬秀雄の長女。芝山内にあった開拓使女学校を卒業後,明治8(1875)年2月6日,福沢諭吉を証人として,「此約条を廃棄せさる間は,共に余念なく相敬し相愛し夫婦の道を守る事」などとうたった婚姻契約をかわして森有礼と結婚した。外交官夫人として夫に同行しつつ2男1女をもうけるが,4年半の英国滞在から帰国後,明治19(1886)年11月合意のうえで契約を破棄し,離婚した。<参考文献>大久保利謙編『森有礼全集』,犬塚孝明『森有礼』

(大谷泰子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

広瀬常の関連キーワード明治時代森阿常

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android