コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広瀬王 ひろせおう

1件 の用語解説(広瀬王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広瀬王 ひろせおう

?-722 飛鳥(あすか)-奈良時代の官吏。
天武天皇10年(681)川島皇子,忍壁(おさかべ)皇子らと帝紀(ていき)や上古諸事(本辞(ほんじ)・旧辞(きゅうじ)など)の編修に参加。新都造営地を視察し,持統(じとう)天皇伊勢(いせ)行幸の留守官,同太上天皇葬儀の御装司副(みよそおいのつかさのすけ)をつとめ,和銅元年大蔵卿(おおくらきょう)となった。小治田(おわりだの)広瀬王の名で「万葉集」に1首のる。養老6年1月28日死去。広湍王ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

広瀬王の関連キーワード飛鳥元仁飛鳥京跡飛鳥井曾衣阿倍爾閇小治田安麻呂黄文備丹比笠麻呂田辺百枝土師甥

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

広瀬王の関連情報