コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広瀬王 ひろせおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広瀬王 ひろせおう

?-722 飛鳥(あすか)-奈良時代の官吏。
天武天皇10年(681)川島皇子,忍壁(おさかべ)皇子らと帝紀(ていき)や上古諸事(本辞(ほんじ)・旧辞(きゅうじ)など)の編修に参加。新都造営地を視察し,持統(じとう)天皇伊勢(いせ)行幸の留守官,同太上天皇葬儀の御装司副(みよそおいのつかさのすけ)をつとめ,和銅元年大蔵卿(おおくらきょう)となった。小治田(おわりだの)広瀬王の名で「万葉集」に1首のる。養老6年1月28日死去。広湍王ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

広瀬王の関連キーワード奈良時代天武天皇竹田王難波王紀弓張古事記官吏

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android