コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広部鳥道 ひろべ ちょうどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広部鳥道 ひろべ-ちょうどう

1822-1881 幕末-明治時代の儒者。
文政5年生まれ。越前(えちぜん)福井藩士。陽明学に精通した。安政のころ横井小楠(しょうなん)と論争し,「機務或問(わくもん)三策」をあらわす。明治元年藩主に攘夷(じょうい)を建言して幽閉される。のち京都でおしえた。明治14年10月1日死去。60歳。名は良知。著作に「酔華吟」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

広部鳥道の関連キーワード明治時代儒者

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android