底至り(読み)ソコイタリ

デジタル大辞泉の解説

そこ‐いたり【底至り】

徹底していること。
「江戸の人の腹を刳(えぐ)るべき―の馳走をせんと」〈露伴・風流魔〉
外観はそれほどではないが、表に出ないところが念入りで精巧にできていること。
「近年難波(なんば)の風呂屋、何をか目当(めあ)てに―、あまつさへ此比は大寄(よせ)といふ事をはじめ」〈浮・御前義経記・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そこいたり【底至り】

外観はそれほどではないが、人目につかない部分に手間をかけ、ぜいたくにしてあること。 「煙管・煙草入など-を好み/洒落本・寸南破良意」
徹底していること。 「此客-のいやみにて/洒落本・玉の幉」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる