コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

底至り ソコイタリ

2件 の用語解説(底至りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そこ‐いたり【底至り】

徹底していること。
「江戸の人の腹を刳(えぐ)るべき―の馳走をせんと」〈露伴・風流魔〉
外観はそれほどではないが、表に出ないところが念入りで精巧にできていること。
「近年難波(なんば)風呂屋、何をか目当(めあ)てに―、あまつさへ此比は大寄(よせ)といふ事をはじめ」〈浮・御前義経記・五〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そこいたり【底至り】

外観はそれほどではないが、人目につかない部分に手間をかけ、ぜいたくにしてあること。 「煙管・煙草入など-を好み/洒落本・寸南破良意」
徹底していること。 「此客-のいやみにて/洒落本・玉の幉」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

底至りの関連情報