コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武野燭談 ぶやしょくだん

1件 の用語解説(武野燭談の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぶやしょくだん【武野燭談】

江戸時代前期,初代徳川家康から5代綱吉に至る歴代将軍,三家,老中,旗本,諸大名とその家臣の事績や言行を書き留めた書。30巻。著者は木村高敦(たかあつ)が有力とされる。1709年(宝永6)成立。本文は173項目からなるが年次を追って配列されたもので,おりに触れて随時書き留めたもの。上層武家の義理,人情を中心に政治,社会の人間像を理解させることを主目的としており,徳川家康,酒井忠勝土井利勝板倉重宗など約100名に及んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

武野燭談の関連キーワード桂昌院江戸時代江戸幕府十五代(徳川十五代)阿部正興(1)岩井宗雪お万の方(2)榊原忠郷徳川綱教徳川徳松

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone