(読み)ミセ

デジタル大辞泉「店」の解説

みせ【店/見世】

《「見せ」の略から》
商品を陳列して売る場所。商店。たな。「―を閉める」「―をもつ」
江戸時代、妓楼(ぎろう)で、遊女が通りかかる客を呼び入れる格子構えの座敷。また、その遊女。張見世。
「二年も―を勤めしうちに、世のさまざま見および」〈浮・一代女・二〉
[下接語]空き店貸し店角(かど)店・蔵店・小店新店大道店茶店辻(つじ)店出店床(とこ)店仲見世軒店初店張り店干し店屋台店夜(よ)店

たな【店/棚】

《「見せ棚」の略》商店で、商品を陳列しておく場所。みせ。
奉公先の商店。また、職人の出入り先の商店。→御店(おたな)
貸家。借家。
「末造の気に入った―が二軒あった」〈鴎外

てん【店】[漢字項目]

[音]テン(呉)(漢) [みせ たな
学習漢字]2年
〈テン〉みせ。「店員店頭店舗開店支店書店商店売店露店
〈みせ〉「店先茶店
〈たな(だな)〉「店子裏店

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版「店」の解説


たな

常設小売店
「みせ」とも読み,見世棚ともいう。平安末期にに常設の店舗がみられ,人にみせ,その求めに応ずるための品物を置くようになった。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「店」の解説

てん【店】

〘名〙 品物をならべて商売をするところ。みせ。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉一〇「〈略〉其店(テン)を去り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「店」の解説

みせ【店】

商品を陳列するものとして,平安末期から(店)が京都の三条,四条,七条に並び,鎌倉末期の四条町には弓矢太刀の座,綾錦馬鞍の棚が並んでいた。〈棚〉に代わり〈店〉の語が使用されるようになるのは室町期である。応仁の乱後は奈良でも店舗が発達し,塩などがあがなわれている。1572年(元亀3)の〈小五月郷間別打帳〉によると,地口数の約3分の1が店あるいは住屋である。 初期の店は見世棚をつき出して商品を並べていたが,戦国期には棚を撤廃して店の内部を開放する方法がとられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【商業】より

…すなわち,消費者財と産業財,同じく消費者財であっても食料品と衣料品で,同じ食料品であっても青果物と菓子類とではそれぞれ商品の技術的操作がまったく異なるゆえに,専門的分化が進行していく。業態別分化は,経済の発展につれて多様の形態の商業店舗が現れてくる。消費者需要の異質性が増大するにつれて,また生産者の流通介入の度合が強まるにつれて,多様な店舗形態が現れてくる。…

【倉庫】より

…したがって太倉や含嘉倉は,いずれも国都におかれた大穀倉のことなのである。ところで,客商の貨物を預かる営業倉庫は,唐以前にあっては邸または店といい,主として市の周囲に設けられ,市制が崩壊して以後は,交通の便に都合のよい場所におかれた。これらの邸店あるいは邸舎は,純粋な倉庫業を営んだのではなく,おおむね旅舎を兼ねていたのである。…

【棚∥店】より

…〈みせだな〉の略で商品を陳列してならべた台,さらに転じて陳列した店(みせ)をいう。すでに《宇津保物語》に,〈空車(むなぐるま)に魚・塩積みてもてきたり,預どもよみとりて,たなに据ゑて売る〉とあり,また四天王寺の扇面古写経では,店頭に棚をおき,柿を置いて売っている。…

※「店」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android