コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

度会朝棟 わたらい ともむね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

度会朝棟 わたらい-ともむね

1265-1341 鎌倉-南北朝時代の神職。
文永2年生まれ。暦応(りゃくおう)2=延元4年伊勢神宮外宮(げくう)の一禰宜(いちのねぎ)(長官)となる。同年北朝の祈祷(きとう)師だったとして解任されたが,すぐに復職。和歌をよくした。暦応4=興国2年8月17日死去。77歳。家名は宮後(みやじり)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

度会朝棟の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android