庫倫辦事大臣(読み)クーロンべんじだいじん(英語表記)Kù lún bàn shì dà chén

世界大百科事典 第2版の解説

クーロンべんじだいじん【庫倫辦事大臣 Kù lún bàn shì dà chén】

中国,清代の武官。理藩院の指揮監督の下に外モンゴリアのクーロン(庫倫,現ウランバートル)に駐在してロシアとの交渉および貿易事務をつかさどったほか,黒竜江将軍,定辺左副将軍(ウリヤスタイ将軍)と会同して辺境事務をも処理した。1762年(乾隆27)設置。定員は2名とされたが,実際上は在京の満州人大臣から選任される満州辧事大臣が全権を握った。【若松 寛】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android