コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庫倫辦事大臣 クーロンべんじだいじん Kù lún bàn shì dà chén

1件 の用語解説(庫倫辦事大臣の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クーロンべんじだいじん【庫倫辦事大臣 Kù lún bàn shì dà chén】

中国,清代の武官。理藩院の指揮監督の下に外モンゴリアクーロン(庫倫,現ウランバートル)に駐在してロシアとの交渉および貿易事務をつかさどったほか,黒竜江将軍,定辺左副将軍(ウリヤスタイ将軍)と会同して辺境事務をも処理した。1762年(乾隆27)設置。定員は2名とされたが,実際上は在京の満州人大臣から選任される満州辧事大臣が全権を握った。【若松 寛】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

庫倫辦事大臣の関連キーワード国税庁指揮権将校税務署理藩院国税局麾下指揮刀助監督見做し労働時間

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone