コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

理藩院 りはんいんLi-fan-yuan; Li-fan-yüan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

理藩院
りはんいん
Li-fan-yuan; Li-fan-yüan

中国,代に設置された中央官庁の一つ。藩部 (内・外モンゴル新疆チベット青海地方) の管轄事務を担当する機関。第2代太宗が内モンゴルを平定したのち設置した蒙古衙門を,崇徳3 (1638,明の崇禎 11) 年理藩院と改称したことに始る。のち乾隆時代までに,清朝の周辺部に対する支配の拡大とともにその統轄範囲は拡大された。長官は,初め承政のち尚書と呼ばれ,満州人が任命された。光緒 32 (1906) 年理藩部と改称された。統治方針は原則的に自治を認め,中央から将軍,大臣などを派遣して監督させた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

理藩院【りはんいん】

藩部

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りはんいん【理藩院 Lǐ fān yuàn】

中国,清代にモンゴル,チベット,新疆の少数民族の管理のために設けられた中央官庁。清の太宗は内モンゴルを平定すると,その統治のため1636年(崇禎9)蒙古衙門を創設し,38年これを理藩院と改名した。17世紀末以来清朝の対外発展に伴って理藩院の管轄範囲もモンゴルからチベット,新疆にまで拡大された。理藩院の主な職務は少数民族王公に関するいっさいの事務(朝貢,封爵,刑罰など),ラマ教の管理である。藩部【若松 寛】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

りはんいん【理藩院】

中国、清朝の中央官庁の一。モンゴル・青海・チベット・新疆しんきようの藩部を、自治機関の監督を通じて統治した。また、ロシアとの外交貿易事務もつかさどった。 → 藩部

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

理藩院
りはんいん

中国、清(しん)朝の藩部(内・外蒙古(もうこ)、新疆(しんきょう)、チベット、青海地方)を統括する中央官庁で、六部(りくぶ)と並ぶ地位と職掌をもつ。入関以前に蒙古諸部族統治のために蒙古衙門(がもん)が設けられたが、1638年にこれを改設して理藩院とした。その後、一時は礼部の管轄下に置かれたが、1661年にふたたび独立官庁となり、1906年に理藩部と改称された。長官の尚書、補佐役の侍郎の下に、清朝の藩部統治の原則である直轄領に編入することなく各部族の自治にゆだねたため、各藩部ごとにその統治形態は異なる。中央からは将軍、大臣を派遣して自治機関の監督、封爵、朝貢、貿易、裁判などの事務を行わせた。また、ロシアとの外交事務もここで行われた。[細谷良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

理藩院の関連キーワードホンタイジ(皇太極)ロンコド(隆科多)清の時代(年表)総理各国事務衙門バンディ(班第)キャフタ条約庫倫辦事大臣粛親王善耆蒙古律例駐蔵大臣総理衙門粛親王那彦成回部則例耆英粛順

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android