コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康子内親王 やすこないしんのう

2件 の用語解説(康子内親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

康子内親王 やすこないしんのう

920-957 平安時代中期,醍醐(だいご)天皇の皇女。
延喜(えんぎ)20年生まれ。母は藤原穏子(おんし)。誕生の年に内親王となる。天慶(てんぎょう)9年一品(いっぽん)にすすみ,天暦(てんりゃく)8年准三宮(じゅさんぐう)。9年右大臣藤原師輔(もろすけ)にとつぎ,深覚,藤原公季(きんすえ)を生んだ。天暦11年6月6日死去。38歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

康子内親王

没年:天徳1.6.6(957.7.5)
生年:延喜20(920)
平安中期の皇女。右大臣藤原師輔の妻。准三宮。醍醐天皇と藤原穏子の娘。朱雀・村上両天皇の同母妹。『政治要略』には,誕生時,あまりの難産に床下を調べると呪詛中の老婆が逃げ出したという逸話が残る。穏子晩年の子で,絶えず傍らで育てられた。内裏の麗景殿に住み「北の宮」と呼ばれる。裳着は伯父の摂政忠平が務めた。天暦8(954)年,内親王で初めて准三宮に叙せられる。母の死まで独身で過ごしたが,晩年,姉たち(勤子内親王,雅子内親王)同様,師輔の室となった。子公季の出産が原因で没。<参考文献>角田文衛「太皇太后穏子」(『紫式部とその時代』)

(楢原潤子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

康子内親王の関連キーワード小右記為平親王藤原公季源俊賢愛宮義照蒋承勲藤原為光藤原繁子盛子内親王(1)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone