コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いみじ いみじ

大辞林 第三版の解説

いみじ

( 形シク )
〔「いみ(忌)」を形容詞化した語〕
程度のはなはだしいことを表す語。望ましい場合にも望ましくない場合にも用いるが、具体的内容を示す語が省略されることが多い。
(望ましい場合)たいそう…である。すばらしい。立派である。たいへんうれしい。 「 - ・じき(=スグレタ)絵師といへども/源氏 桐壺」 「 - ・じからむ(=ウレシイ)心地もせず、悲しくのみなむある/竹取」
(望ましくない場合)ひどく…である。ひどい。すさまじい。ものすごい。 「 - ・じき(=オソロシイ)もののふ・仇・敵かたきなりとも/源氏 桐壺」 「あな、-・じや(=大変ダ)、いとあやしき様を人や見つらむ/源氏 若紫
程度が普通でないことを表す語。はなはだしい。普通でない。 「清少納言こそ、したり顔に-・じう侍りける人/紫式部日記」 「 - ・じうののしりさわぐ/宇治拾遺 12」 「 - ・じく心もとなきままに/更級」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

いみじの関連キーワード法師為り・法師成り掻い遣る・搔い遣る踏みごほめかす香がゆ・聞がゆ化粧・仮粧いみじくもこほめかす噦りもよよ揺るぎ歩く降り暮らす冴え凍る罷り散る脇を掻く隔て思ふ思ひ上る誇らかす漕ぎ歩く時を奏す物慎まし干し敢ふ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android