コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いみじ

大辞林 第三版の解説

いみじ

( 形シク )
〔「いみ(忌)」を形容詞化した語〕
程度のはなはだしいことを表す語。望ましい場合にも望ましくない場合にも用いるが、具体的内容を示す語が省略されることが多い。
(望ましい場合)たいそう…である。すばらしい。立派である。たいへんうれしい。 「 - ・じき(=スグレタ)絵師といへども/源氏 桐壺」 「 - ・じからむ(=ウレシイ)心地もせず、悲しくのみなむある/竹取」
(望ましくない場合)ひどく…である。ひどい。すさまじい。ものすごい。 「 - ・じき(=オソロシイ)もののふ・仇・敵かたきなりとも/源氏 桐壺」 「あな、-・じや(=大変ダ)、いとあやしき様を人や見つらむ/源氏 若紫
程度が普通でないことを表す語。はなはだしい。普通でない。 「清少納言こそ、したり顔に-・じう侍りける人/紫式部日記」 「 - ・じうののしりさわぐ/宇治拾遺 12」 「 - ・じく心もとなきままに/更級」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android