天徳(読み)テントク

大辞林 第三版の解説

てんとく【天徳】

万物を育てる自然の働き。天道。
天子の徳。

てんとく【天徳】

年号(957.10.27~961.2.16)。天暦の後、応和の前。村上天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

てんとく【天徳】

日本の元号(年号)。平安時代の957年から961年まで、村上(むらかみ)天皇の代の元号。前元号は天暦(てんりゃく)。次元号は応和(おうわ)。957年(天暦11)10月27日改元。水旱(すいかん)(ひでり)と飢饉、米価高騰の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『周易(しゅうえき)』を出典とする命名。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天徳の関連情報