コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天徳 テントク

デジタル大辞泉の解説

てん‐とく【天徳】

天の徳。万物をはぐくむ自然のはたらき。
天子

てんとく【天徳】[年号]

平安中期、村上天皇の時の年号。957年10月27日~961年2月16日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんとく【天徳】

万物を育てる自然の働き。天道。
天子の徳。

てんとく【天徳】

年号(957.10.27~961.2.16)。天暦の後、応和の前。村上天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

てんとく【天徳】

日本の元号(年号)。平安時代の957年から961年まで、村上(むらかみ)天皇の代の元号。前元号は天暦(てんりゃく)。次元号は応和(おうわ)。957年(天暦11)10月27日改元。水旱(すいかん)(ひでり)と飢饉、米価高騰の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『周易(しゅうえき)』を出典とする命名。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

天徳の関連キーワード秋田県秋田市泉三嶽根神奈川県平塚市真田石川県金沢市小立野山口県防府市下右田理子内親王(1)天徳四年内裏歌合柔子内親王(2)亭子院歌合有国(1)孚子内親王藤原脩子長尾能景三善道統良岑義方平中物語厳子女王藤原篤茂賀茂忠行災異改元菅原文時

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android