コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しょうxiāng

世界大百科事典 第2版の解説

しょう【廂 xiāng】

中国で主として宋代に使われた都市内外の区画の名称。原義は母屋(おもや)の両脇の副屋。8世紀唐の玄宗時代,禁軍を左右の廂に分置したことから,軍隊区分,駐屯地域に意味が拡大した。五代初めには都市内の軍事警察管轄区としての廂が確立。北宋の国都開封では内外城が四廂ずつ八廂に分けられ,各廂に廂典以下の胥吏(しより)が配置されて,防犯,防災,簡易裁判などの機能を果たした。南宋になると機能が細分化して(ぐう)などを生じ,廂は城外隣接区の呼称に変わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

廂の関連キーワード西廂記(せいしょうき)遊義門・遊宜門年中行事の障子昆明池の障子御湯殿の上内御書所つん出る御物宿り廂の御所四大奇書延政門宜陽殿董西廂西廂記通陽門承香殿後涼殿遊義門廂の簡飛香舎

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

廂の関連情報