コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 しょう xiāng

1件 の用語解説(廂の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょう【廂 xiāng】

中国で主として宋代に使われた都市内外の区画の名称。原義は母屋(おもや)の両脇の副屋。8世紀唐の玄宗時代,禁軍を左右の廂に分置したことから,軍隊区分,駐屯地域に意味が拡大した。五代初めには都市内の軍事警察管轄区としての廂が確立。北宋の国都開封では内外城が四廂ずつ八廂に分けられ,各廂に廂典以下の胥吏(しより)が配置されて,防犯,防災,簡易裁判などの機能を果たした。南宋になると機能が細分化して(ぐう)などを生じ,廂は城外隣接区の呼称に変わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

廂の関連キーワード塩法翰林学士交子城隍神今文市内石獣知県シティーコミューター中国・宋代の禅の公案集

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

廂の関連情報