コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グウ

デジタル大辞泉の解説

ぐう【隅】[漢字項目]

常用漢字] [音]グウ(慣) [訓]すみ
〈グウ〉
すみ。「一隅・海隅・四隅片隅辺隅
大隅(おおすみ)国。「隅州/薩隅(さつぐう)」
〈すみ(ずみ)〉「隅隅片隅四隅(よすみ)
[名のり]ふさ

すま【隅】

すみ(隅)のこと。多く地名の「須磨」にかけて用いる。
「播磨路や心の―に関据ゑていかで我身の恋を留めん」〈山家集・中〉

すみ【隅/角】

囲まれた区域のかど。「部屋の四―」「書類の―を綴じる」
中央でない所。端の方や奥の方。また、目立たない所。「―で小さくなる」「頭の―で考える」
隅の折敷(おしき)」の略。
角前髪(すみまえがみ)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぐう【隅 yú】

中国,宋代以後,都市城内城下市域に設けられた区画の呼称。宋代,都市の発展,変貌にともない,その区画も唐までの坊のほかに軍事・警察を主とした(しよう)が出現したが,12世紀以後になると防火の管轄区分として隅があらわれる。南宋の国都臨安では城内を14隅に分け,望楼や消防夫を置いたが,しだいに治安維持の任務をも兼ねはじめ坊隅という呼名が定着した。隅は元・明と受け継がれ,音通で意味を含ませて防虞とも言われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すま【隅】

すみ(隅) 」に同じ。 「播磨路や心の-に関据ゑて/山家

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

隅の関連キーワード錦江湾サウスロードユースホステル鹿児島県肝属郡南大隅町根占横別府鹿児島県肝属郡南大隅町根占辺田鹿児島県肝属郡南大隅町佐多辺塚鹿児島県肝属郡南大隅町佐多郡重箱の隅を楊枝でほじくる楊枝で重箱の隅をほじくるワンウエーコントロールレーザー虹彩切開術重箱の隅をつつくオースミライト隅付きパーレン隅木・角木・桷スクリーン座標隅から隅まで三隅〈町〉隅切り下駄おおすみ海竜王寺隅の折敷

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隅の関連情報