(読み)グウ

デジタル大辞泉の解説

ぐう【隅】[漢字項目]

常用漢字] [音]グウ(慣) [訓]すみ
〈グウ〉
すみ。「一隅・海隅・四隅片隅辺隅
大隅(おおすみ)国。「隅州/薩隅(さつぐう)」
〈すみ(ずみ)〉「隅隅片隅四隅(よすみ)
[名のり]ふさ

すま【隅】

すみ(隅)のこと。多く地名の「須磨」にかけて用いる。
「播磨路や心の―に関据ゑていかで我身の恋を留めん」〈山家集・中〉

すみ【隅/角】

囲まれた区域のかど。「部屋の四―」「書類の―を綴じる」
中央でない所。端の方や奥の方。また、目立たない所。「―で小さくなる」「頭の―で考える」
隅の折敷(おしき)」の略。
角前髪(すみまえがみ)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぐう【隅 yú】

中国,宋代以後,都市の城内,城下市域に設けられた区画呼称。宋代,都市の発展,変貌ともない,その区画も唐までの坊のほかに軍事・警察を主とした(しよう)が出現したが,12世紀以後になると防火の管轄区分として隅があらわれる。南宋の国都臨安では城内を14隅に分け,望楼や消防夫を置いたが,しだいに治安維持の任務をも兼ねはじめ坊隅という呼名が定着した。隅は元・明と受け継がれ,音通で意味を含ませて防虞とも言われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すま【隅】

〘名〙 =すみ(隅)
※山家集(12C後)中「播磨路や心のすまに関据ゑていかで我が身の恋をとどめむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報