延べ床面積(読み)のべゆかめんせき

不動産用語辞典の解説

建築物の各階の床面積を合計した面積を「延べ床面積」といいます。延べ面積ともいいます。
この延べ床面積の敷地面積に対する割合のことを容積率とよびます。
なお、容積率を算出する際には、各階の床面積のうち、自動車車庫、マンションエントランスや共用廊下などの面積を除外することが可能です。

出典 不動産売買サイト【住友不動産販売】不動産用語辞典について 情報

世界大百科事典内の延べ床面積の言及

【建築密度】より

…これは建築面積率とは建築面積率+空地面積率=100%の関係にある。 建築容積率は正確には建築延べ床面積率といい,単に容積率とも呼ばれる。建築物の延べ床面積の,敷地面積に対する割合である。…

※「延べ床面積」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

延べ床面積の関連情報