延宝伝灯録(読み)えんぽうでんとうろく

世界大百科事典 第2版の解説

えんぽうでんとうろく【延宝伝灯録】

妙心寺派の禅僧卍元師蛮(まんげんしばん)が,資料収集に30余年を費やし,1678年(延宝6)に著した禅僧の伝記。全41巻。1706年(宝永3)に初めて刊行された。延宝は完成時の年号,伝灯悟りの真理を伝えることである。禅僧約1050人の行状や悟りを得たとき(開悟)の機縁語句等を載せ,また天皇や相将居士の修禅者の伝や,著名な禅僧の広語や雑著を抄録するが,体裁は《景徳伝灯録》など中国の伝灯録に倣っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android