建初寺(読み)けんしょじ

日本大百科全書(ニッポニカ)「建初寺」の解説

建初寺
けんしょじ

中国、江蘇(こうそ)省建康(南京(ナンキン))にあった寺。揚子江(ようすこう)(長江)以南の地に最初に建てられた寺として知られる。247年、建康にきた交趾(こうち)の沙門(しゃもん)康僧会(こうそうえ)が住した祠廟(しびょう)を、信者となった呉王(ごおう)、孫権(そんけん)が仏寺としたのに始まる。その地を仏陀里(ぶつだり)と名づけ、寺前に大市が開かれたため大市寺(だいしじ)とも称した。東晋(とうしん)の初め密教を伝えた帛尸梨蜜多羅(はくしりみたら)が住したが、蘇峻(そしゅん)の乱のため328年に焼失、奉仏者の何充(かじゅう)によって復興された。南朝の国の交替によって名称も変わり、天子(てんし)寺、長慶(ちょうけい)寺、奉先(ほうせん)寺、天嬉(てんき)寺、大報恩(だいほうおん)寺などと称されたが、建康を中心とする江南仏教の中心として大いに栄えた。

鎌田茂雄

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「建初寺」の解説

けんしょ‐じ【建初寺】

中国、江蘇省南京にある寺。二四七年呉王孫権が建立。揚子江以南の地に建てられた最初の寺。以後、南朝の国の交替により名称も変わったが、明代まで江南仏教の中心として栄えた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android