建材産業(読み)けんざいさんぎょう(英語表記)building material industry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建材産業
けんざいさんぎょう
building material industry

広くは土木建築の両部門を含んだ建設資材産業といえる。両部門で共通に使うものは砂利,セメント,砂,砕石,アスファルト,塗料,鉄鋼などであるが,建築は土木よりも少量ずつである。木材,陶器,ガラス,アルミニウム,金物,トタン,ブリキ,合板,石膏ボード,紙,織物,セメント製品プラスチック,瓦など多種多様な材料を使う。したがって建材産業は,最大の関連産業をもった部門といえよう。ただ,反面,他の産業部門の新技術,新製品,新価格効果などをきわめて機動的に摂取する分野であり,各種の素材を建築にどう生かすかも一つの建築活動上の創意に属するので,建材産業の範囲を固定してとらえることはできない。また国民の所得水準向上に見合った住宅建設の質的向上につれ建築内容が充実し,防音,冷暖房などによる環境条件改善に重点がかかってくるので,こうした建築面の新機能拡大により,建材産業の範囲は防音材断熱材などを取込んで急速に拡大しているといえよう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android