コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建部七郎右衛門 たけべ しちろうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

建部七郎右衛門 たけべ-しちろうえもん

1615?-1691 江戸時代前期の商人。
元和(げんな)元年?生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)柳川の人。同郷の田付(たつき)新助らと相互扶助組織の両浜組をつくり蝦夷地交易に従事。松前藩場所請負人となって漁場を経営した。元禄(げんろく)4年死去。77歳?屋号材木屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

建部七郎右衛門

没年:元禄4(1691)
生年:元和1?(1615)
江戸初期の蝦夷地交易を担った近江商人。近江(滋賀県)柳川に住んで行商し,17世紀中ごろからは敦賀から松前にまで活動を広げ,田付新助と共に両浜組(近江商人団)を組織し,松前に漁場を開いた。<参考文献>南鉄蔵「松前蝦夷地開発を初めて表面化させた田付新助景豊とその子孫の業績に就いて」(『北海学園 開発論集』8号)

(田端宏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

建部七郎右衛門の関連キーワードインノケンチウス12世本阿弥光悦元和人形浄瑠璃本阿弥光悦オレンジ結社越後屋ヨーハン・ゲオルク3世建部七郎右衛門コイプ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android