コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弓矢神道 ユミヤシントウ

デジタル大辞泉の解説

ゆみや‐しんとう〔‐シンタウ〕【弓矢神道】

吉田神道の一派江戸時代、寛文・延宝(1661~1681)のころ、肥前平戸の人、橘三喜(たちばなみつよし)が駿河の浅間神社の神主宮内昌与より神道を受け、のち江戸で唱えはじめたもの。鎌を神体とし、安産巡行などの行事を勤めるのを特色とする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆみやしんとう【弓矢神道】

吉田神道の一派。江戸時代、肥前の人橘三喜とその弟子、武蔵国大宮氷川神社神主武笠むかさ丹波とにより創唱された。安産・巡行などの行事を勤めるのを特色とする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

弓矢神道の関連キーワード吉田神道

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android