コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弓矢神道(読み)ユミヤシントウ

デジタル大辞泉の解説

ゆみや‐しんとう〔‐シンタウ〕【弓矢神道】

吉田神道の一派江戸時代、寛文・延宝(1661~1681)のころ、肥前平戸の人、橘三喜(たちばなみつよし)が駿河の浅間神社の神主宮内昌与より神道を受け、のち江戸で唱えはじめたもの。鎌を神体とし、安産巡行などの行事を勤めるのを特色とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆみやしんとう【弓矢神道】

吉田神道の一派。江戸時代、肥前の人橘三喜とその弟子、武蔵国大宮氷川神社神主武笠むかさ丹波とにより創唱された。安産・巡行などの行事を勤めるのを特色とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android