コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷川神社 ひかわじんじゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

氷川神社
ひかわじんじゃ

埼玉県さいたま市高鼻町に鎮座する元官幣大社。氷川大明神ともいう。武蔵国一の宮祭神はスサノオノミコト,オオナムチノミコト,クシナダヒメノミコト。例祭8月1日。関東地方を中心に多くの分社がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

氷川神社【ひかわじんじゃ】

埼玉県さいたま市大宮区高鼻町に鎮座。旧官幣大社。素戔嗚(すさのお)尊,大己貴(おおなむち)命,奇稲田姫命などをまつる。創建は孝昭天皇の時出雲国氷ノ川から杵築(きづき)大社(出雲大社)を勧請したものと伝える。
→関連項目大宮[市]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひかわじんじゃ【氷川神社】

埼玉県大宮市高鼻町に鎮座。須佐之男命,稲田姫命,大己貴(おおなむち)命をまつる。創建年代不詳。社伝では孝昭天皇3年に出雲より勧請して創建したというが,地勢的に見沼を見下ろす台地突端部に位置し,古く当地方開発当初よりの社とみられる。766年(天平神護2)神封3戸を寄せられ,神階は859年(貞観1)従五位上,878年(元慶2)正四位上に叙された。延喜の制で名神大社祈年・月次・新嘗奉幣にあずかり,のち武蔵国一宮とされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひかわじんじゃ【氷川神社】

埼玉県さいたま市大宮区にある神社。祭神は須佐之男命すさのおのみこと・大己貴命おおなむちのみこと・奇稲田姫命くしなだひめのみこと。武家から厚く信仰された。武蔵国一の宮。旧武蔵国を中心に多くの分社がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

氷川神社
ひかわじんじゃ

埼玉県さいたま市大宮区高鼻町に鎮座。延喜式名神大社(えんぎしきみょうじんたいしゃ)で武蔵(むさし)国一宮(いちのみや)、旧官幣大社。祭神は須佐之男命(すさのおのみこと)、稲田姫(いなだひめ)命、大己貴(おおなむち)命の三柱。もと男体(なんたい)社、女体(にょたい)社、簸王子(ひおうじ)社と称する三神殿があり、順位と祭神をめぐる論争もあったが、現在は一社殿となっている。氷川は出雲(いずも)の簸川(ひのかわ)に通じるとされ、武蔵国造(くにのみやつこ)は出雲国造と同族のため、当地方の開拓が出雲一族によるもので、当社も杵築(きづき)大社を勧請(かんじょう)したものという。氷川社は元荒川と多摩川を東西の境にして広く分布し、現在でも埼玉県に162社、東京都に59社を数える。1869年(明治2)の東京遷都にあたり、京都の賀茂(かも)神社に倣って首都の北方鎮守に当社が選ばれ勅祭社となった。例大祭は8月1日で勅使参向と東遊(あずまあそび)の奉納がある。12月10日の大湯祭(だいとうさい)は、百味膳(ひゃくみぜん)と称する献供の特殊神事で有名だが、また本社祭神の大己貴命(大国(だいこく)様)と摂社祭神の少彦名(すくなひこな)命(恵毘寿(えびす)様)の神影や開運福徳の熊手(くまで)も授かる十日市でにぎわう。[薗田 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

氷川神社の関連キーワードクシナダヒメノミコト(奇稲田姫命)スサノオノミコト(素戔嗚尊)埼玉県さいたま市大宮区高鼻町大宮(埼玉県さいたま市)埼玉県さいたま市大宮区東京都東久留米市南沢東京都新宿区下落合東京都練馬区豊玉南東京都練馬区氷川台東京都目黒区八雲埼玉県さいたま市東京都目黒区大橋さいたま(市)西角井 正慶大宮[市]コウノトリ大宮[区]平山省斎川越祭り岡谷繁実

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

氷川神社の関連情報