コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引倍木 ヒキヘギ

デジタル大辞泉の解説

ひき‐へぎ【引倍木】

衵(あこめ)の裏を引きはがして仕立てた夏用の単(ひとえ)の衣服

ひ‐へぎ【引倍木】

ひきへぎ」の音変化。
「関白殿の御下襲(したがさね)の菊の―かがやきて」〈栄花駒競べの行幸〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひきへぎ【引倍木】

ひとえの衵あこめ。袷あわせの裏をはいで表地だけを着たことからいう。ひへぎ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の引倍木の言及

【衵】より

…後世には,束帯のみに用いたり,またこれを省略することもあった。春,冬のもので,夏,秋には単衣で引倍木(ひへぎ)といった。天皇は打衣(のちに板引になった)で,紅綾に小葵の紋のものであった。…

※「引倍木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

引倍木の関連キーワードへぎ五衣表地

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android