コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打(ち)物 ウチモノ

デジタル大辞泉の解説

うち‐もの【打(ち)物】

雅楽で使う打楽器羯鼓(かっこ)三の鼓(つづみ)太鼓鉦鼓(しょうこ)など。
刀剣・薙刀(なぎなた)などの、打ち合って戦うための武器。
打ち鍛えたり、打って延ばしたりして作った金属器具。→鋳物
穀物の粉と砂糖をまぜ、型に入れて固めた菓子。落雁(らくがん)など。打ち菓子
砧(きぬた)で打って柔らかくしたり、つやを出したりした絹織物などの布。
品物の交換。また、そのための品物。
「『いや、あれは人ので御ざりまする』『その儀ならば、―にいたそ』」〈狂言記・富士松

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

打(ち)物の関連キーワード鋳物師(いものし)半首(はつむり)青海波(雅楽)安摩・二の舞石田 英一平田 宗幸十組問屋平田宗幸東儀 博せせかむ当世具足今川範政石田英一松井耕雪金属工芸鍛冶屋干菓子脛当て嫐打物楽曲考

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android