コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打(ち)物 ウチモノ

1件 の用語解説(打(ち)物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うち‐もの【打(ち)物】

雅楽で使う打楽器羯鼓(かっこ)三の鼓(つづみ)太鼓鉦鼓(しょうこ)など。
刀剣・薙刀(なぎなた)などの、打ち合って戦うための武器。
打ち鍛えたり、打って延ばしたりして作った金属器具。→鋳物
穀物の粉と砂糖をまぜ、型に入れて固めた菓子。落雁(らくがん)など。打ち菓子
砧(きぬた)で打って柔らかくしたり、つやを出したりした絹織物などの布。
品物の交換。また、そのための品物。
「『いや、あれは人ので御ざりまする』『その儀ならば、―にいたそ』」〈狂言記・富士松〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

打(ち)物の関連キーワード羯鼓笏拍子パーカッション管弦舞楽三鼓四の鼓かっこ好い羯鼓踊かっこ悪い八つ撥

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone