コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引(き)合(わ)せ ヒキアワセ

デジタル大辞泉の解説

ひき‐あわせ〔‐あはせ〕【引(き)合(わ)せ】

取りもって対面させること。紹介すること。「神様のお引き合わせで巡り合う」
照合すること。「住民票との引き合わせ
鎧(よろい)腹巻き胴丸具足の類で、着脱するための胴の合わせ目。大鎧では右脇の間隙部をいう。
引き合わせ紙」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

引合せ
ひきあわせ

室町時代から江戸時代初期にかけて、上層階級で好んで用いられた和紙の一種。女房詞(にょうぼうことば)では「ひき」という。檀紙(だんし)より少し遅れて文献に現れ、檀紙と引合せとは同一物か否かについての議論が多い。初出文献は1302年(西安4)の『実躬卿記(さねみきょうき)』で、その2月2日の条に「引合百帖(じょう)、又檀紙少々」などとあり、1433年(永享5)正月二十日の『看聞御記(かんもんぎょき)』にも両者は並記してあるが、今川了俊(りょうしゅん)の『書札礼(しょさつれい)』や、1527年(大永7)8月30日の『言継卿記(ときつぐきょうき)』その他の文献では両紙を同一視している。このように引合せは最初のころは檀紙と同質の紙で、用途に応じて寸法の差があったものが、鎌倉時代のころからしだいにその差も顕著になり、さらに紙質も変化して杉原紙に近いものとなっていたことが、16世紀ごろの文献からうかがえる。引合せという紙名は、男女を引き合わせる恋文用紙とかの異説もあるが、武士が祈願文などをしたためる際の用意に鎧(よろい)の引合(ひきあわせ)に紙を入れておく習慣からきた名称とするのが正しい。1777年(安永6)刊の木村青竹(せいちく)編『新撰紙鑑(しんせんかみかがみ)』にはすでにこの紙名はない。[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

引(き)合(わ)せの関連キーワードウィリアムズ難波男人書練れ気者宮崎滔天引っ熟す当世具足杏葉腹巻

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android