コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弘忍 こうにんHong-ren

2件 の用語解説(弘忍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弘忍
こうにん
Hong-ren

[生]仁寿2(602)
[没]上元2(675)
中国,唐の僧。禅宗の第5祖。大満禅師。臨済宗では「ぐにん」と読む。7歳のときに湖北省東山寺で4祖道信のもとで出家。第1祖菩提達磨から弘忍までは,禅宗各派で共通の師々相承として仰いでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弘忍
こうにん
(601―674)

中国、唐代の僧。中国禅宗の第五祖。臨済(りんざい)宗では「ぐにん」という。俗姓は周氏。諡号(しごう)は大満禅師。(きしゅう)(湖北省)黄梅(おうばい)に生まれ、7歳で州双峰山の禅宗第四祖、道信(どうしん)の弟子となった。久しくその会下(えげ)にあって修行を重ね、大法の付嘱を受けた。道信の寂後、双峰山の東の憑茂(ひょうも)山に移り、700人の会下を擁して禅風の挙揚に努め、その禅風は東山法門とよばれた。門下に神秀(じんしゅう)、慧能(えのう)をはじめ十大弟子といわれる優れた門人を輩出し、中国各地に禅を広める基礎を築いた。著作に『修心要論』1巻がある。[田中良昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

弘忍の関連キーワードマウリキウス電子玄奘二枚橋2遺跡観勒玄奘智儼電子電子ボルト

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone