コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弘忍 こうにんHong-ren

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弘忍
こうにん
Hong-ren

[生]仁寿2(602)
[没]上元2(675)
中国,唐の僧。禅宗の第5祖。大満禅師。臨済宗では「ぐにん」と読む。7歳のときに湖北省東山寺で4祖道信のもとで出家。第1祖菩提達磨から弘忍までは,禅宗各派で共通の師々相承として仰いでいる。弘忍の多数の弟子のうち,神秀北宗禅として,慧能南宗禅として禅風を広めた。後者からのちに多くの宗派が分かれていった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弘忍
こうにん
(601―674)

中国、唐代の僧。中国禅宗の第五祖。臨済(りんざい)宗では「ぐにん」という。俗姓は周氏。諡号(しごう)は大満禅師。(きしゅう)(湖北省)黄梅(おうばい)に生まれ、7歳で州双峰山の禅宗第四祖、道信(どうしん)(580―651)の弟子となった。久しくその会下(えげ)にあって修行を重ね、大法の付嘱を受けた。道信の寂後、双峰山の東の憑茂(ひょうも)山に移り、700人の会下を擁して禅風の挙揚に努め、その禅風は東山法門とよばれた。門下に神秀(じんしゅう)、慧能(えのう)をはじめ十大弟子といわれる優れた門人を輩出し、中国各地に禅を広める基礎を築いた。著作に『修心要論』1巻がある。[田中良昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

弘忍の関連キーワード金剛般若波羅蜜経南頓北漸五家七宗題壁詩宝林寺臨済宗上元

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android