コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菩提達磨 ボダイダルマ

デジタル大辞泉の解説

ぼだい‐だるま【菩提達磨】

《〈梵〉Bodhidharmaの音写》[?~528]中国禅宗の始祖。インドバラモンの出身。6世紀初め中国に入り、各地でを教えた。少林寺面壁九年座禅をしたといわれる。梁武帝との禅問答や、弟子慧可(えか)断臂(だんぴ)により誠を示した伝説などで有名。円覚大師達磨大師。達摩。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菩提達磨
ぼだいだるま

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の菩提達磨の言及

【達磨】より

…達磨はダルマDharmaの音訳。菩提達磨と呼ぶのが正しく,古くは達摩と書き,円覚大師,聖胄大師と諡(おくりな)される。南インド香至国王第3子。…

※「菩提達磨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

菩提達磨の関連キーワード達磨達磨達磨

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone