コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弦斎氏標準食養法 げんさいしひょうじゅんしょくようほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弦斎氏標準食養法
げんさいしひょうじゅんしょくようほう

『食道楽』を著わして一世を風靡 (ふうび) した村井弦斎 (1863~1927年) が唱えたもの。彼の主張は,肉食と菜食のいずれか一方のみが良いとせずに,各民族には特有の食習慣があり気候風土があるのだから,それらに従って定めなければならぬというもの。良食の根本として,次の3要素をあげている。 (1) なるべく自然に近い食物──米は玄米か半つき米,野菜・果実・魚鳥肉類などは皮つきのまま。 (2) なるべく住んでいる場所の付近から産出する食物。 (3) なるべく季節に応じて産出した食物。日本人の常食とすべき標準は,玄米食の場合は玄米七分に副食物三分,半つき (三分づき四分づき) 米食の場合は半つき米六分に副食物四分,白米食の場合は白米三分に副食物七分の割合とし,副食物は野菜七分に肉三分としている。そして,各自その体質や風土気候によって加減を図ることと,何でも広く食べることが肝要と主張している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android