コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張り ハリ

デジタル大辞泉の解説

はり【張り】

[名]
引っ張ること。また、その力の程度。「糸の張りを強くする」
引き締まっていること。みずみずしく、力強いこと。「張りのある声」「張りのある肌」
気持ちなどの充実。物事を行おうとする意欲。張り合い。「生活に張りをもたせる」「生きる張りをなくす」
自分の意志を押し通す、強い気持ち。意地。
「京の女郎に江戸の―を持たせ」〈浮・一代男・六〉
女を手に入れようとつけねらうこと。
「色男これにて縁切。…もうよもや―には歩けめえ」〈滑・浮世床・二〉
tense》音声学の用語。母音の発音における舌の緊張度。例えば日本語の「ウ」は英語の「u」などに比して舌の位置も低く、唇の突き出しも少なく、従ってはりが弱い。
[接尾]助数詞。
蚊帳・提灯(ちょうちん)・テント・幕などを数えるのに用いる。「行灯(あんどん)一張り
・琴など、弦を張った類のものを数えるのに用いる。

ばり【張り】

[接尾]
人数を表す語の下に付いて、その人数によって弓の弦が張られるという意を表す。多い人数で張る弓ほど強い弓ということになる。「十人張りの弓」
名詞や人名を表す語の下に付いて、それに似ている、または、それに似せているという意を表す。「西鶴張りの文」「左翼張りの主張」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はり【張り】

[0] ( 名 )
引っ張る力が働いていること。また、その力の程度。 「 -を強くする」
ひきしまって弾力があること。 「 -のある肌」 「 -のある声」
自分の行動に意義を見いだして、それを積極的に行なっていこうとする気持ち。張り合い。 「心に-をもつ」 「生きる-を失う」
自分の意志を通そうとする気持ち。意気地。 「他人ひとにいはれじ笑はれまじと、-を通し意地づくの/人情本・英対暖語」
( 接尾 )
助数詞。
提灯ちようちん・幕・蚊帳かや・テントなど、張って作った物、張りめぐらして用いるものを数えるのに用いる。
弓・琴など、人数を表す語に付いて弦・絃を張った類のものを数えるのに用いる。 → ばり(張)

ばり【張り】

( 接尾 )
人名などに付いて、それに似ている、それをまねているの意を表す。 「円朝-の話しぶり」 「左翼-の考え方」
人数を表す語に付いて、弦つるを張るのに要する人数によって弓の強さを表す。 「三人-の弓」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

張りの関連キーワードタイル・れんが・ブロック工事(建設業許可の一種)石工事(建設業許可の一種)ビニールハウス順張り・逆張り世は張り物ちょうちん彎月・弯月前駆陣痛サロッド手丸提灯太鼓作りラバーブあんどん張抜き筒突き出し矢っ張り煽り返し薦張り叫び声助数詞

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

張りの関連情報