コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張り ハリ

5件 の用語解説(張りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はり【張り】

[名]
引っ張ること。また、その力の程度。「糸の張りを強くする」
引き締まっていること。みずみずしく、力強いこと。「張りのある声」「張りのある肌」
気持ちなどの充実。物事を行おうとする意欲。張り合い。「生活に張りをもたせる」「生きる張りをなくす」
自分の意志を押し通す、強い気持ち。意地。
「京の女郎に江戸の―を持たせ」〈浮・一代男・六〉
女を手に入れようとつけねらうこと。
「色男これにて縁切。…もうよもや―には歩けめえ」〈滑・浮世床・二〉
tense》音声学の用語。母音の発音における舌の緊張度。例えば日本語の「ウ」は英語の「u」などに比して舌の位置も低く、唇の突き出しも少なく、従ってはりが弱い。
[接尾]助数詞。
蚊帳・提灯(ちょうちん)・テント・幕などを数えるのに用いる。「行灯(あんどん)一張り
弓・琴など、弦を張った類のものを数えるのに用いる。

ばり【張り】

[接尾]
人数を表す語の下に付いて、その人数によって弓の弦が張られるという意を表す。多い人数で張る弓ほど強い弓ということになる。「十人張りの弓」
名詞や人名を表す語の下に付いて、それに似ている、または、それに似せているという意を表す。「西鶴張りの文」「左翼張りの主張」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集の解説

張り

建物で飛び出している部分のこと。反対に凹んでいる部分を「欠け」という。張りの基準は流派によって様々だが、張り出している部分が1/3以下であるなら「張り」、それ以上なら反対側を「欠け」とみなす。

出典|占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はり【張り】

[0] ( 名 )
引っ張る力が働いていること。また、その力の程度。 「 -を強くする」
ひきしまって弾力があること。 「 -のある肌」 「 -のある声」
自分の行動に意義を見いだして、それを積極的に行なっていこうとする気持ち。張り合い。 「心に-をもつ」 「生きる-を失う」
自分の意志を通そうとする気持ち。意気地。 「他人ひとにいはれじ笑はれまじと、-を通し意地づくの/人情本・英対暖語」
( 接尾 )
助数詞。
提灯ちようちん・幕・蚊帳かや・テントなど、張って作った物、張りめぐらして用いるものを数えるのに用いる。
弓・琴など、人数を表す語に付いて弦・絃を張った類のものを数えるのに用いる。 → ばり(張)

ばり【張り】

( 接尾 )
人名などに付いて、それに似ている、それをまねているの意を表す。 「円朝-の話しぶり」 「左翼-の考え方」
人数を表す語に付いて、弦つるを張るのに要する人数によって弓の強さを表す。 「三人-の弓」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

張りの関連キーワード牽引足を引っ張る曳裂力任せ出っ張り引っ張り引っ張り込む見栄っ張り引っ張り凧引っ張り餅

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone