コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張着 はつき

世界大百科事典 第2版の解説

はつき【張着】

室町時代のころから,宮廷に奉仕する身分の低い女性が,夏の衣料として用いた略装。その起り薄衣(はくぎぬ)とよぶ,公家女装としての簡略な(うちき)形の衣服の変化したものと考えられる。張着の形体は今日実物資料が残っていないため明らかでないが,小袖形の衣服で,これを小袖の上に重ねて用い,あるいは上半身を脱いだ形で腰にまとって用いたものと思われる。後に武家の女装としてもこれが取り入れられ,腰巻または尻切(しきれ)といって,夏季殿中の正装として帷子(かたびら)の上に肩を脱いだ形で着用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

張着の関連キーワード室町時代

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android