コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強羅[温泉] ごうら

百科事典マイペディアの解説

強羅[温泉]【ごうら】

神奈川県箱根町,早雲山北東斜面にある温泉。湯は早雲地獄と大涌谷から引き,石膏・硫化水素含有緑バン泉,単純泉など。29〜94℃。箱根登山鉄道の終点強羅駅を中心に温泉街が発達,箱根美術館,強羅公園があり,早川の谷を隔てて箱根外輪山の明神ヶ岳,明星ヶ岳が望まれる。
→関連項目大涌谷箱根

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごうら【強羅[温泉]】

神奈川県南西部,足柄下郡箱根町にある温泉。1919年に箱根登山鉄道が箱根湯本から強羅まで開通し,同社は別荘地としてこの地を開発し,大湧谷から湯を引いて温泉とした。21年には早雲山(1137m)へのケーブルカーが設けられ,以来箱根観光の中心として発展することになった。旧財閥の別荘を改造した旅館もある。泉質は弱食塩泉で,泉温は35~95℃。地名の強羅は粗大な火山礫(かざんれき)を呼ぶ〈ごうろ〉に由来するといわれ,もとは荒地であったことをしのばせる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android