大涌谷(読み)おおわくだに

日本大百科全書(ニッポニカ)「大涌谷」の解説

大涌谷
おおわくだに

神奈川県南西部、足柄下(あしがらしも)郡箱根町(はこねまち)にある硫気孔群のあるで、早川の水源の一つ。「おおわきだに」ともいい、古くは大地獄といっていた。1872年(明治5)明治天皇が小地獄へ入湯のおりに、そこを小涌谷と改めたのにならい、ここも大涌谷とした。箱根火山の最高峰、中央火口丘神山(かみやま)(1438メートル)の北斜面の中腹にあたり、箱根火山活動の末期におきた神山の爆裂(大涌谷爆裂)によってできた谷で、噴気孔群は火山活動の名残(なごり)を示すもの。大涌谷の二つの谷のうち、南西の閻魔台(えんまだい)はいまも活動を続けて硫気を含んだ水蒸気を盛んに噴出し、熱泥や硫気孔の周りに硫黄(いおう)の針状結晶がみられる。しかし、北東の地獄沢は活動が衰え、熱気を噴き出すにとどまっている。

 大涌谷は大昔から小涌谷(小地獄)とともに箱根の霊境の一つで、箱根権現(ごんげん)(箱根神社)の境内とされていた。高温、酸性の温泉が湧(わ)き出し、卵を入れると殻の黒いゆで卵となり、箱根名物の一つ。また活動の衰えている地獄沢の熱気の噴出点には石室(いしむろ)が設けられ、水を注いで自然加熱されて含緑礬(りょくばん)硫化水素泉とされ、仙石原温泉(せんごくはらおんせん)、強羅温泉(ごうらおんせん)へ送られている。1972年(昭和47)箱根ロープウェイ大涌谷駅前に町立の大涌谷自然科学館が設立され、箱根火山の成長・地質・生物・温泉、名所旧跡などの資料が展示されていた(2003年閉館)。

[浅香幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「大涌谷」の解説

大涌谷
おおわくだに

神奈川県南西部,箱根山の中央火口丘の1つである神山の北斜面にある谷。箱根山の最も新しい火山活動で生じた爆裂口で,噴気孔群があり,硫気を含んだ水蒸気を噴出している。南東部の地獄沢では硫気孔に石室を設け,水を注いで温泉とし,仙石原や強羅に給湯。北西部の閻魔台では熱泥の噴出もみられる。閻魔台のふもとを一周する自然探究路が整備されている。早雲山-湖尻のロープウェーから瞰できる。富士箱根伊豆国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「大涌谷」の解説

大涌谷【おおわくだに】

〈おおわきだに〉とも。神奈川県箱根火口丘の神山北部山腹にある谷。箱根火山活動の最も新しい爆裂口で大噴気孔がある。わき水を地熱で熱し,強羅(ごうら)・仙石原両温泉へ給湯する。江戸後期には湯治客が訪れる地獄めぐりのコースであり,大涌谷の呼称は1872年からとされる。展望台がありロープウェーが通じる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「大涌谷」の解説

おおわくだに おほわくだに【大涌谷】

神奈川県南西部、箱根山の中央火口丘神山の北斜面中腹にある谷。硫黄の噴気孔群があり、閻魔(えんま)台、地獄沢に分かれる。おおわきだに。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「大涌谷」の解説

おおわくだに【大涌谷】

〈おおわきだに〉ともいう。神奈川県南西部,箱根火山の中央火口丘,神山の北西麓にある硫気噴孔のある谷。標高800~1150m。約3000年前水蒸気爆発によって形成された馬蹄形の爆裂火口で,激しい噴気活動を見ることができる。昔は大地獄と呼ばれていたが,1872年(明治5)明治天皇の行幸に際し,大涌谷と改称された。その時,神山と駒ヶ岳の接する部分に小地獄と称する噴気地帯があったが,それも小涌谷と改称された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android