コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当山 トウザン

デジタル大辞泉の解説

とう‐ざん〔タウ‐〕【当山】

この山。
この寺。当寺。
当山衆」「当山派」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうざん【当山】

この山。また、話題になっている山。
この寺。当寺。また、話題になっている寺。
「当山衆」の略。
「当山派」の略。

とうやま【当山】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

当山の関連キーワードシーイエン(十堰)特別市武当山の古代建築物群ウーダンシャン隼人(旧町名)ユンヤン地区醍醐寺三宝院中山 通幽行智(2)湖北[省]逆の峰入り金武[町]隼人温泉妙見温泉道了権現服部英竜中山通幽福田海醍醐寺鳳閣寺結袈裟

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

当山の関連情報