コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当麻曼荼羅縁起絵巻 たいままんだらえんぎえまき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

当麻曼荼羅縁起絵巻
たいままんだらえんぎえまき

奈良,当麻寺伝存の『当麻曼荼羅』にまつわる中将姫説話絵巻としたもの。 13世紀中頃の作。紙本着色,2巻。鎌倉の光明寺蔵。国宝料紙を縦長に用いた大型の絵巻であるのが特色。絵は作り絵的な表現線描を主とした表現,仏画的な表現の3様を対象によって描き分け,構成も巧みで物語にふさわしい気高く清澄な趣がある。詞書は後京極様の能筆

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

当麻曼荼羅縁起絵巻の関連キーワード神奈川県鎌倉市材木座鎌倉国宝館土佐光則

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android