形式知(読み)ケイシキチ

デジタル大辞泉「形式知」の解説

けいしき‐ち【形式知】

客観的で言語化できる知識。ハンガリーの哲学者マイケル=ポランニーが提唱した概念。→暗黙知1
ナレッジマネージメントにおいて、言語化・視覚化・数式化・マニュアル化された知識。経営学者、野中郁次郎の定義による。明示知。→暗黙知2
[補説]2について、野中は、長年の経験やに基づく暗黙知と対になる概念だとして、失われつつある日本独特の企業風土の下、暗黙知を形式知にして共有化を進めることの重要性を指摘した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

産学連携キーワード辞典「形式知」の解説

形式知

「形式知」とは、客観的にとらえることができ、言葉や構造をもって説明、表現できる知識のことをさいう。通常、「形式知」はナレッジマネジメントの世界では、(長年の経験やノウハウ、直感、勘やイメージといった経験的知識として語られる知識)と共に用いられることが多い。野中郁次郎氏の「SECIモデル」はこの「形式知」と「暗黙知」によって組織的知識創造を説明している。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android