コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

形式知 けいしきち

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

形式知

形式知とは、文章や図表、数式などによって説明・表現できる知識のこと。明示的知識ともよばれる。経営学者・野中郁次郎が日本企業の知識創造に関する研究において、暗黙知の対概念として用いた。例えば、マニュアルは形式知を具体化したものの典型といえる。 野中は、個人の暗黙知を誰もが共有できる形に明示化して形式知に変換することが、日本企業の知識創造を可能にしていると主張した。また、彼は文書化やマニュアル化によって、業務を標準化することができたり、業務担当者が交代するときの引き継ぎがスムーズになるなどの効果が生まれるとも考えた。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けいしき‐ち【形式知】

客観的で言語化できる知識。ハンガリーの哲学者マイケル=ポランニーが提唱した概念。→暗黙知1
ナレッジマネージメントにおいて、言語化・視覚化・数式化・マニュアル化された知識。経営学者、野中郁次郎の定義による。明示知。→暗黙知2
[補説]2について、野中は、長年の経験や勘に基づく暗黙知と対になる概念だとして、失われつつある日本独特の企業風土の下、暗黙知を形式知にして共有化を進めることの重要性を指摘した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

産学連携キーワード辞典の解説

形式知

「形式知」とは、客観的にとらえることができ、言葉や構造をもって説明、表現できる知識のことをさいう。通常、「形式知」はナレッジマネジメントの世界では、(長年の経験やノウハウ、直感、勘やイメージといった経験的知識として語られる知識)と共に用いられることが多い。野中郁次郎氏の「SECIモデル」はこの「形式知」と「暗黙知」によって組織的知識創造を説明している。

出典|(株)アヴィス産学連携キーワード辞典について | 情報

形式知の関連キーワードナレッジ・マネージメントパターン・ランゲージポランニー持論

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

形式知の関連情報