コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暗黙知 あんもくち

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

暗黙知

暗黙知とは経験や勘に基づく知識のことで、個人はこれを言葉にされていない状態でもっている。経営学者の野中郁次郎は、日本企業の研究において暗黙知をこのように定義し、形式知の対概念として用いた。例えば、個人の技術やノウハウ、ものの見方や洞察が暗黙知に当てはまる。日本企業では、個々の社員の暗黙知を形式知化し、組織で共有することによって知識を創造すると野中は主張した。 暗黙知の概念は、もともとハンガリーの科学哲学者マイケル・ポラニーが提唱した。彼によれば、人はつねに言葉にできることよりも多くを知ることができる。個人がもつ知識には、言葉で表現できる部分と、言葉で表現できない部分とがあり、前者よりも後者のほうが多くを占めている。ポラニーはこの後者を暗黙知とよんだ。つまり、野中が「まだ言葉にされていない知識」を暗黙知と考えるのに対し、ポラニーは「言葉にすることができない知識」を暗黙知と考えた。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

デジタル大辞泉の解説

あんもく‐ち【暗黙知】

主観的で言語化することができない知識。言語化して説明可能な知識(形式知)に対し、言語化できない、または、たとえ言語化しても肝要なことを伝えようがない知識のこと。ハンガリーの哲学者マイケル=ポランニーの提唱した概念。→形式知1
ナレッジマネージメントにおいて、社員や技術者が暗黙のうちに有する、長年の経験や勘に基づく知識。経営学者、野中郁次郎の定義による。→形式知2
[補説]1は、具体的には自転車の乗り方や知人の顔の区別などがある。いずれも自転車を乗りこなすことや顔を区別することは可能であるにもかかわらず、どのように自転車を操作するのか、どのように他の顔と区別するのかを明示的に言葉で語ることはできない。そこでポランニーは「自転車に乗れること」や「顔を区別できること」を「知っていること」と見なし、その意識下の認識を暗黙知と呼び、形式知の背後に存在する知識と位置づけた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

産学連携キーワード辞典の解説

暗黙知

「暗黙知」とは、長年の経験やノウハウ、直感、勘やイメージといった経験的知識として語られる知識のことである。ナレッジマネジメントの世界では、「暗黙知」は、「形式知」(客観的にとらえることができ、かつ言葉や構造をもって説明、表現できる知識)と共に用いられることが多い。野中郁次郎氏の「SECIモデル」はこの「暗黙知」と「形式知」によって組織的知識創造を説明している。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

あんもくち【暗黙知】

M =ポランニーが提唱した科学哲学上の概念。標本の認知や名医の診断のように、明確に言葉には表せないが、科学的創造性を支えている身体を基盤とする知識のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

暗黙知

ポラニー(Michael Polanyi 1891-1976)が用いた語.(1)人間が持つ知の一つで,包括性を備えた非言語的な知.一般的に,個人的な経験により得られる言語化しにくい知識(ノウハウやこつなど,身体知ともいう)とされ,図書,論文などに記述された知識(言語で明示的に表現された知であり,形式知と呼ばれる)と対比される.(2)明示的・形式的な手がかりをまとめる個人的な能力知.言語を習得したり,未知なる物事を知ることができたりするのは,この能力による.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

世界大百科事典内の暗黙知の言及

【アナロジー】より

…ここでアナロジーはメンタルモデルの構築や利用を助けている。さらに,アナロジーは,字義通りに表現しにくい暗黙知や技の伝達,婉曲的なコミュニケーション(例:寓話,心理療法)に用いることもある。また,発達研究においては,子どもの概念獲得を支えるアナロジーの働きが重視されている。…

【知識】より

…自転車に乗れる人でも,自転車の乗り方の知識を明示的に表現することは難しい。またいわゆる〈暗黙知〉は言葉に表せない,それでいて非常に大事なもやもやとした知識を指しており,非明示的とされる。以前は明示的に表現できないと考えられてきた知識が研究の進展によって表現できるようになった例もあり,認知科学の今後の進展によって非明示的知識の解明が進むと期待される。…

【ポランニー】より

…これはN.R.ハンソン,T.S.クーン,P.K.ファイヤアーベント,S.E.トゥールミンらの姿勢の先駆となるものであった。しかし彼らが多かれ少なかれウィトゲンシュタインの言語依存的立場を共有しているのに対して,ポランニーは,《暗黙知の次元》(1966)に見られるように,むしろ言語の背後にあって言語化されない知識=暗黙知tacit knowledgeに焦点を当て,それらが共同体のなかで共有される(この点でクーンの〈パラダイム〉に似る)ことによって,普遍的認識の基盤を保証する,という独自の見解をとる。【村上 陽一郎】。…

※「暗黙知」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

暗黙知の関連キーワードポランニー(Michael Polanyi)ナレッジ・マネージメントパターン・ランゲージポラーニー創造性持論

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

暗黙知の関連情報