彫物(読み)ほりもの

精選版 日本国語大辞典「彫物」の解説

ほり‐もの【彫物】

〘名〙
① 木・竹・金・石などに、種々の彫刻をすること。また、その技術。彫刻。
※栄花(1028‐92頃)歌合「ほり物の骨に象眼の紙をはりて、題の心をさまざまに書きたる扇」
② 人の皮膚に種々の模様を針で刺し、墨または朱などを刺し入れて着色すること。また、そうしたもの。入れ墨。刺青。
※談義本・当世下手談義(1752)三「腕に彫物(ホリもの)せし、馬鹿者の噂があったと」

えり‐もの ゑり‥【彫物】

〘名〙 彫りつけたもの。彫刻物。ほりもの。
※内閣文庫本建武以来追加‐(貞和二年一二月~六年二月)(1346‐1350)「過差儀、且衝重(ついかさね)以下画図彫物、一向可止之

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android