コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

役割等級制度 ヤクワリトウキュウセイド

2件 の用語解説(役割等級制度の意味・用語解説を検索)

人事労務用語辞典の解説

役割等級制度

役割等級制度とは、それぞれの役職や仕事に求められる「役割」の大きさに応じて等級を設定し、その役割を担当する社員の格付けを行う制度のこと。「同一役割・同一賃金」を前提として、年齢やキャリアに関係なく、難易度・期待度の高い役割で成果を上げれば、それに見合う報酬が得られます。
(2009/12/25掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人材マネジメント用語集の解説

役割等級制度

・資格等級の区分を役割(期待役割:ロール)で行う仕組み。
・対象者が果たすべき役割を定義し、区分する制度(主に影響度(責任・権限の範囲)の大きさに応じて役割を定義、その相違により等級を区分)。
・経営ビジョン・戦略と人材像の関連付けが容易、等級の大括り化により、柔軟な人材登用や報酬面での格差付けが可能(柔軟性が高い)といったメリットがあるが、会社として人材の役割を下げることによって報酬も下がるケースがありモチベーションの低下を招く可能性があるといったデメリットもある。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

役割等級制度の関連キーワード役割葛藤役割期待/役割行動役割理論ロールプレーイングデメリット等級ロールクライシス卒業要件職務等級制度職位等級制度成果等級制度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

役割等級制度の関連情報