コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

役務賠償 エキムバイショウ

大辞林 第三版の解説

えきむばいしょう【役務賠償】

労力を提供することによって相手に与えた損害を賠償すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

役務賠償
えきむばいしょう
reparation in service

戦争などの賠償は一般に金銭または現物で支払われるが、賠償国にこのような形での支払い能力が不足している場合には、賠償請求国との合意のもとに、技術や労働力を提供する形をとることがある。このような技術や労働力の提供による賠償方式を役務賠償とよんでいる。技術提供による賠償方式には、技術者の派遣、沈没船の引揚げ、発電所や各種工場の建設にあたっての技術協力、学生・技術者の研修・教育などがある。また労働力提供による賠償方式には、労働者を賠償請求国に送り、その国の生産力に貢献させる場合(労務賠償)と、賠償請求国から受け取った原材料を加工して生産物を提供する場合(加工賠償)とがある。第二次世界大戦後はこのような役務賠償がかなりの比重を占めた。戦後アメリカを中心とする戦勝国は、敗戦国日本とドイツなどに対して役務賠償を非軍事化と実物賠償の範囲内で展開したが、具体的提示は不明確であった。被賠償国の自立の条件のなかで役務賠償がなされた。[清水嘉治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

役務賠償の関連キーワード対日賠償問題日比賠償交渉相手方労力相手

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android