役米(読み)ヤクマイ

大辞林 第三版の解説

やくまい【役米】

江戸幕府で、番衛をつとめた中間・小者など、最下級の家臣に与えられた給料。中間のうち、旗持の者は役米一五俵を受けた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やく‐まい【役米】

〘名〙
江戸幕府が、最下級の家臣である中間(ちゅうげん)、小者などに与えた役俸。
※吏徴(1845)下「御旗指之者役米十五俵」
② 江戸時代、検地帳にも登載されていない村落周辺の土地に課した雑税。野役米、草役米などがある。やくえい。〔地方凡例録(1794)〕
③ 営業税に相当する雑税。米または金銭で上納する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

役米の関連情報