コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行住坐臥 ぎょうじゅうざが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

行住坐臥
ぎょうじゅうざが

仏教用語。人間の日常生活上の基本的な行動,歩く,立止まる,すわる,横たわることの4つをいい,四威儀ともいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎょうじゅう‐ざが〔ギヤウヂユウザグワ〕【行住××臥】

仏語。人の起居動作の根本である、行くこと・とどまること・座ること・寝ることの四つ。四威儀。
日常の振る舞い。また、つね日ごろ。「―初心を忘れない」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょうじゅうざが【行住坐臥】

〘仏〙 行くことと止まること、坐すわることと横になること、の四つの動作。日常の立ち居振る舞い。四威儀。
日常。起き伏し。副詞的にも用いる。常住坐臥。 「 -故郷を思う」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

行住坐臥の関連キーワード俄・峨・我・牙・瓦・画・畫・臥・芽・衙・賀・雅・餓・駕行屎送尿・行屎走尿座禅(坐禅)往生拾因時所諸縁常住坐臥盤珪永琢故郷坐禅仏語根本四つ勤行善導

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行住坐臥の関連情報