後ガス(跡ガス)(読み)あとガス(英語表記)fume

翻訳|fume

世界大百科事典 第2版の解説

あとガス【後ガス(跡ガス) fume】

爆破作業を行った際に,火薬類から発生するガス。二酸化炭素(炭酸ガス),窒素ガス水蒸気を主成分とするが,有毒の一酸化炭素酸化窒素などを含むことがあり,坑道内などの狭い場所で拡散が不十分な場合に,これを吸引して中毒をひきおこすことがある。有害ガスではないが,酸素不足(いわゆる酸欠)による障害をおこすこともあるので,爆破作業の直後には,このような場所には立ち入らないように注意し,また,十分な空気を送ってガスを散逸させる必要がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の後ガス(跡ガス)の言及

【大気汚染】より

…大気汚染発生源の多様化により,重金属,放射性物質,各種化合物塩類,錯塩,キレートなどが含まれるようになり,肺の深部まで到達する。 フュームfume融解した物質が酸化などの化学反応や揮発によって核となり,気体状大気汚染物質が凝縮してエーロゾルとなったもの。 ミストmistもやのこと。…

※「後ガス(跡ガス)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android