コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸欠 サンケツ

デジタル大辞泉の解説

さん‐けつ【酸欠】

《「酸素欠乏」の略》ある場所の空気中の素、あるいは水中の溶存酸素が足りなくなること。「酸欠事故」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さんけつ【酸欠 oxygen lack】

酸素欠乏の略,または通称。空気中の酸素量が,換気不良の場所で,酸素を吸収する物質の存在により,または他のガスによって置換されることにより,通常の状態(容積比で約20.8%,乾き空気では約20.93%)以下になることをいう。換気不良の場所での酸欠状態は,物の燃焼,動植物の呼吸などのほか,有機物酸化・分解,硫化鉄を含むの存在,空気に触れたことのない水,たとえば岩漿水(がんしようすい)の存在,等によって発生する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんけつ【酸欠】

〔「酸素欠乏」の略〕
空気中の酸素や水中の溶存酸素が不足すること。 「 -事故」 「 -水塊」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

酸欠の関連キーワード赤血球(RBC、赤血球数)ヒドロキシキヌレニン尿五ケ瀬町サイロ事故後天性葉酸欠乏症後ガス(跡ガス)諏訪湖の魚大量死ビタミンC欠乏葉酸欠乏性貧血後天性葉酸欠乏希塩酸・稀塩酸葉酸欠乏貧血その他の貝類マンネンタケスキップ呼吸チアノーゼポックリ病巨赤芽球症サプロぺル櫻井美代子酸欠事故

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酸欠の関連情報