後出血(読み)こうしゅっけつ

世界大百科事典 第2版の解説

こうしゅっけつ【後出血】

外傷や手術の際に,一度出血した部分がある時間をおいて再び出血すること。産後の出血によく使われる言葉でもある。一般的には,出血は血液が凝固してできた血栓によって,血管の破れた部分が補修されたり,人為的にしばることによって止血する。しかし,血圧の上昇や外力の作用,感染など,なんらかの原因で血栓がとれたり,しばった部分がゆるむと,再び出血がおこる。これを後出血secondary hemorrhage,または続発出血という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の後出血の言及

【異常分娩】より

…ところが,この時期に子宮収縮が悪い(これを子宮弛緩という)と持続的な大出血を起こし,1000g以上の出血も珍しくない。後産期(胎児娩出から胎盤娩出まで)出血量と後出血(分娩終了後2時間までの出血)量の和が500g以上の場合を異常出血と定義する。子宮弛緩出血の場合は,大量の血液が急速に失われるので,血液中の凝固因子が失われ,DIC(播種性血管内凝固症候群)とよばれる血液凝固障害を起こしていっそう止血しにくい状態になることがある。…

※「後出血」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後出血の関連情報