初刷(読み)ショサツ

デジタル大辞泉の解説

しょ‐さつ【初刷】

初刷(しよず)り」に同じ。

しょ‐ずり【初刷(り)】

書籍など印刷物を初めて印刷すること。また、その印刷物。第一刷り。初刷(しょさつ)。

はつ‐ずり【初刷(り)】

しょずり(初刷り)
新年になって初めての印刷。また、その印刷物。特に、1月1日付の新聞をいう。 新年》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

初刷

一つの組版もしくは版木を使って初めて刷ること,あるいはそのときに刷られたすべての印刷物.初刷という表現は初版だけに用いるわけではなく,第2版,第3版,増補版など,その版で初めて刷れば,いずれも初刷となる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょ‐さつ【初刷】

〘名〙 その版による第一回目の印刷。また、その印刷したもの。初ずり。

はつ‐ずり【初刷】

〘名〙
① 最初に刷ること。また、その印刷物。初版。しょずり。
新年になって初めての印刷。また、その印刷物。特に、一月一日付けの新聞をさすこともある。《・新年》
※朝野新聞‐明治一六年(1883)一二月二八日「来十七年一月四日の初刷(ハツズリ)より更に字数を増し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android