後取(読み)あととり

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐とり【後取】

〘名〙 (もち)をつく時、きねを持つ人のかたわらにいて、餠をこね返すこと。また、その人。こねどり。

しん‐どり【後取】

〘名〙 (「しりとり」の変化した語)
① 年の始めの宮廷行事の職掌の一つ。正月、天皇に屠蘇散など三献の御薬を供する儀に際して、天盃の余りを飲む者。
※九暦‐逸文・天暦九年(955)正月一日「供御膳例、薬子・後取又同」
② 平安時代以降、大嘗会(だいじょうえ)の時、御膳に奉仕する八人の采女(うねめ)の中で第二位の取次ぎの役。また、その人。次姫(じひめ)
江家次第(1111頃)一五「最姫目後取采女清酒

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android