コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後味 アトアジ

デジタル大辞泉の解説

あと‐あじ〔‐あぢ〕【後味】

飲食のあと、口の中に残る味。あとくち。
物事が済んだあとに残る感じや気分。「事件は解決したが、後味が悪い」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

後味

 感じの持続性の程度が大きい状態.特に一部の人工甘味料のように低濃度で有効なものは味が残りやすい.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

あとあじ【後味】

〔多く不快な感じについていう〕
飲食したあと、口の中に残る味。あとくち。
何かがすんだあとに残る感じ。 「 -の悪い事件」 「 -のよくない夢」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

後味の関連キーワードカンザスシティ・ロイヤルズルイーズ フレッチャー物言えば唇寒し秋の風アサヒクールドラフトカティ・サークおもな慣用句大熊ひろたかなると金時鈴木 忠治マンノース網干メロンカッピング林真理子ところで鉄観音きき酒道首名料理飲食

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後味の関連情報