後味(読み)あとあじ

精選版 日本国語大辞典「後味」の解説

あと‐あじ ‥あぢ【後味】

〘名〙
① 飲み食いの、口の中に残る。あとくち。
※今年竹(1919‐27)〈里見弴〉昼の酒「うまいものを食べたあとの、舌に残ってゐる後味を」
物事が済んだあとに残る感じ、気分。
※蓼喰ふ虫(1928‐29)〈谷崎潤一郎〉一二「帰り道に一ぺん青空を見た方が後味がさっぱりとするし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「後味」の解説

あと‐あじ〔‐あぢ〕【後味】

飲食のあと、口の中に残る味。あとくち。
物事が済んだあとに残る感じや気分。「事件は解決したが、後味が悪い」
[類語]後口

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android